国際交通安全学会 in 愛媛県運転免許センター(1日目)

タンデム自転車NONちゃん倶楽部2017国際交通安全1

 

様々な自転車に触れて感じた障がい者にとっての未来の可能性。

平成29年11月25日(土) 愛媛県松山市勝岡町1163-7


国際交通安全学会が本年度11月の2日間、愛媛県で行われました。愛媛県で行われること自体も驚きましたが、特別共催としてNONちゃん倶楽部を選んでいただいたことに本当に驚きました。
この公益財団法人国際交通安全学会は交通や安全に関してのいろいろな問題を、人・機械・環境など、それぞれを結びつけた観点から調査研究し理想的な交通社会の実現や教育に結びつけていくという活動をしています。今回の事業は3カ年プロジェクトの3年目。1年目は自転車の障がい者へのモビリティー教育海外視察。2年目は海外の幼児向け自転車教育の実践。そして3年目にこの愛媛県で行われた事業は、障がいのある子供への自転車教育プログラムの実践や検証でした。
普段から障がい者の方々への自転車を通じたイベント活動をし、このパンフレットを毎年発行し全国へと配布していた。そんなご縁でこの大きな流れに出会い、実現できたことをみなさんに感謝します。
1日目は愛媛県運転免許センターのコースを使い、実際に障がい者・健常者の方々と一緒に自転車に乗り実地検証するというもの。対象となる障がい者の方は20歳未満という条件でした。NONちゃん倶楽部では、この条件の方は10名ほど。対象者が少ないと困っているとCoパイロットで参加してくださっている西条市の渡部颯人君と松山市の鴻上莉奈ちゃんのお母様がPTAのみなさまに声をかけてくださり20歳未満の障がい者のみなさんに集まっていただくことができました。障がい者の方は、視覚6名・身体4名・知的8名・ダウン3名で合計21名の方々。
今回の事業では様々な障がいの方がいろいろなタイプの自転車に乗り、その走行状態や様子を確認し将来利用の可能性を体験するというもの。乗車体験には発進・停止という基本的なものからスラロームという技術の必要なものまで。様々な障がいの方に乗車体験していただきました。そして今回NONちゃん倶楽部では初めて自転車ゲームを実践してみました。このゲームは、「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」の藤江さんにご協力をいただき、ゲームを交えたプログラムを企画していただきました。初めての取り組みにチャレンジでしたが、本当にみなさん夢中になり盛り上がりました。
そして国際交通安全学会世界大会ということでオランダとイギリスからも講師に参加していただきましたが、車いす自転車や特殊な三輪自転車など非常に興味を持って見ていただきました。
今回はいろいろな驚きがありました。いつもタンデム自転車のCoパイロットで参加している石丸翔(かける)くん(視覚)が一人で自転車に乗り、スタッフの出す音を頼りに前進することができました。また今回オランダから参加のMr.ベリーさん(視覚)が子供の参加者を追っかけて走る姿に感動しました。
そしていよいよ場内での乗車体験も終わった時に振る舞われた「灰屋イモ(石灰に水をかけることで発熱させて焼く芋)」。乗車体験が始まる前に石灰の中にサツマイモを埋め込み水を掛けて発熱させておきました。これは日本でも珍しい、愛媛県西予市明浜町の焼き方。イベントが終わるころには熱くて手に持てないほどの焼き具合で参加者全員不思議そうに見ながらも美味しくいただきました。
今回の事業イベントでNONちゃん倶楽部が今までに見たことのない様々なタイプの自転車が開発されていることを知って、障がい者への可能性や未来に大きな夢を抱くことができました。