NONちゃん倶楽部の三本柱

 

タンデム自転車NONちゃん倶楽部3本柱

タンデム自転車NONちゃん倶楽部ご挨拶

NONちゃん倶楽部の三本柱となっている言葉は、私が活動をしていく中で、核となっているものです。

「お前が俺の眼になり俺がお前の脚になる」

この言葉は、主人が生前、股関節が弱く長距離歩行が困難な私にかけてくれたものです。

相互扶助の精神が私たちの生活を豊かにしてくれたのです。

この精神で多くの方々との出会いを通じ、今後の活動にも活かしていけたらと思います。

「生命の奇跡に無感覚にならないで!!死を遠ざけるのではなく生を高める。」

これは、ロビン・ウィリアム主演の映画「パッチアダムス」の中のセリフです。

出来ないではなく、やってみることで可能性を引き出す、そんな企画をしていきたいと

活動をしています。

「あなたは障がいという線をどこで引きますか?」

この問いかけは、アメリカ人の人間能力開発研究所の創立者、グレン・ドーマン博士のものです。

これは、私自身も深く考えさせられた言葉です。

「親こそ最良の医師」グレン・ドーマン 人間能力開発研究所監修 発行:株式会社 グレン・ドーマン研究所

この本と出会いが私が今の活動の道筋を作ってくれました。

 

これらの3本柱が私の背中を押し、活動していく上でも源となっています。

タンデム自転車がもつ可能性というと大袈裟かもしれませんが、不可能から可能に変換できるツールであることは間違いないと思っています。

今まで培ってきた経験を活かして、一人でも多くの方と出会いたい。

そして障がいという線引きの無い心のバリアフリー社会実現のために、出来ることから始めようと思っています。